しいのき迎賓館 もみじまつり連動 テーブルコーディネート企画展 『 秋・たけなわ・民藝を楽しむ 』 

2014年10月20日(月)|NEWS

しいのき迎賓館のもみじまつりに連動して、
「民藝を楽しむ」をテーマにテーブルコーディネートを展示します。
金沢の秋の紅葉に合わせて、英国に伝えられたスリップウェアの技術や小鹿田焼きなど、
民藝の力強い器のコーディネートをご堪能ください。

【展示期間】 2014年11月15日(土)・16日(日)
【展示場所】 しいのき迎賓館1Fエントランスホール

お気に入りのめし碗

2014年10月17日(金)|PRODUCTS

飯碗のコピー.jpg

新米の季節。
お気に入りのめし碗で、おいしいご飯を食べたい!!
世の中にめし碗はたくさんあるのに、なかなかこれはと思うものに出会えません。
探してみるとありすぎて迷ってしまう。
そんなお客様のお声から、セレクトショップGIOではお薦めのめし碗をセレクトしています。
一度ショップで手にとってみてください。

"tokusa"九谷焼の 一輪挿し

2014年10月14日(火)|PRODUCTS

九谷焼一輪挿し 十草.jpg

粋な縞模様が目を引く、九谷焼の一輪挿しはそのまま飾っても絵になります。
伝統的な九谷の五彩で描かれた線は躍動感があって、どこかPOPなオブジェにも見えてきます。
挿す草花によってどんな風景を写しだしてくれるのか、いろいろ試せそうです。

Slip Ware  販売始めました

2014年09月17日(水)|NEWS

SW店頭画像1.jpg

SW右.jpgSW左.jpg

セレクトショップGIOでは、小鹿田焼も販売しています。
スリップ・ウエアと小鹿田焼、どちらも自由で素朴な味わいがあります。

◆小鹿田焼・・・・・・
江戸時代中期に開窯した小鹿田焼は、大分県日田市の自然に恵まれた山里で今なお昔ながらの手仕事で陶器を作り続けています。
登り窯を使い、櫛描きなどで、飛び鉋や刷毛目の文様を刻むのが特徴です。
民芸運動を提唱した柳宗悦や英国の陶芸家バーナード・リーチがこの地を訪れたことによって、小鹿田焼は全国的に知れ渡るようになりました。
(平成7年国重要無形文化財指定)

"Slip Ware"の魅力

2014年09月16日(火)|NEWS

だんだんと秋の気配を感じる今日この頃です。 
過ぎゆく夏を惜しみつつも、これから訪れる    slip ware 画像jpg.jpg
"食欲の秋"?に向けて、セレクトショップGIOでは、"Slip Ware"をフューチャーしています。
ガラスの器も素敵だったけど、そろそろ暖か味があって、なんだかホッとする器で食卓を囲みたい気分では?
そんな方は是非ショップを覗いてみてください!

◆Slip Ware・・・・・・
英国の古陶 スリップウエアは、器の表面をスリップと呼ばれる泥漿(水と粘土を混ぜたもの)で装飾した焼きものです。
産業革命による大量生産や他の進んだ陶磁器技法の普及で衰退していきますが、20世紀に入り、バーナード・リーチや濱田庄司らの民芸運動によって、この忘れ去られていたスリップウエアは日本で花開きます。以降、大胆で躍動的な模様と素朴な色合いの温かさが、多く人を惹きつけています。


PREV | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |

GIO CRAFT NEWS|GIO CRAFT|ジオクラフト

WEBSITE

ARCHIVE

CATEGORY